潰瘍性大腸炎の話

リアルダ使用6ヶ月してみての感想

リアルダ使用感

4月から潰瘍性大腸炎のお薬として、リアルダを使用しています。

リアルダを半年使用してみての感想と使用した感じ副作用があるかなどをレポートします。

これからリアルダを使用するあなたのお役に立てればと思います。

リアルダを使用しても6月から8月中旬まで再燃していた

リアルダ

リアルダ開始直後の4月~6月半ばまでは寛解状態になっていました。

ほんと、症状が全く出てなかったのですが、暑さが厳しくなり始めた6月中旬すぎから8月中旬。

ほら、あの35度や40度近い気温が毎日続いてた頃です。

そのころから、潰瘍性大腸炎再燃が始まりました。

ものすごく、苦しくて辛い日々の始まりです。

8月の一番ひどいときは一時期下血状態になり、先生と相談しレクタブル中法フォームというステロイド剤を使用していました。

と、いうのもレクタブル注腸フォームはペンタサ注腸のようにしばらく寝転んでいる必要もありませんし、立ったままできる注腸剤です。

2歳児を子育てし仕事に出ている私はペンタサ注腸では思うようにお薬をする時間をとることができず、

忘れてしまったりできないことが多く見かねた先生が「治療のランクは上がってしまうけど」という前置き付きで出してくださいました。

確かに、レクタブルはステロイド剤なので副作用もありましたが、効き目がよく初めて1か月程度で再び寛解に戻りました。

その後、リアルダだけで現在寛解2か月目。

現状維持の状態が続いていますが、お守りとして家にレクタブル注腸フォームを置いてある状態です。

潰瘍性大腸炎寛解状態
潰瘍性大腸炎が寛解状態になったきっかけについて潰瘍性大腸炎になると血便や下血が続いて体がだるくなって、心も体もどよーんと沈んでいきますねぇ。 あなたもたぶんそうだと思うんですが...

レクタブルとアサコールの違い

ぶっちゃけ違いが判りません。

しかし、アサコールより腸全体にお薬がいきわたるようなコーティングになっているらしく、小指の先ぐらいのでかい錠剤です。

アサコールとの違いはサイズ感。

女性の小指の先第一関節ぐらいはありますかね。

食欲のない朝はなんだかそれでおなか一杯って感じもします。

とにかくでかい。

最初に封を開けたとき思わず「でかっ」と叫ぶくらいにはでっかいです。

そして、そのでかさなので飲み込むの大変です。

おばあちゃんになってリアルダを出されたら呑み込めないかも…。

あと要冷蔵なので冷蔵庫の中で地味に場所をとることですね。

10月の受診のあと1月の受診とかなると牛乳パック2つ分ぐらいのスペースを冷蔵庫の中でとっています。

ただね、リアルダのいい点は一日1回服用という点です。

毎日決まった時間に飲めば飲み忘れもしないので寛解に近づきます。

アサコールのように一日3回ではないので本当に楽です。

お薬が変わってよかった、リアルダになってからほんと飲み忘れがなくなりました。

飲み忘れないポイントは、時間決めとくことですよ。

リアルダ
難病:潰瘍性大腸炎~リアルダ使用感と粒の大きさ問題4月からレクタブルに引き続き飲み薬もメサラジンからリアルダに変わりました。 しかしこのリアルダ、ネット見ても実際に使ってる人がどん...

寛解時はサプリと併用すると長く寛解が維持できるかも

がちがちの再燃時にはリアルダは聞いてるか聞いていないかわかりません。

レクタブル注腸フォームが効いたのかリアルダと同時に使ったことにより効き目が増したのか。

その辺はよくわかりません。

とにかく寛解したのでよしとします。

そして、寛解を維持するために私は現在乳酸菌革命
というサプリを併用しています。

このサプリは腸に善玉菌を取り入れて腸内環境を良くしておくためのサプリです。

夏バテや日々の疲労などなどで腸内環境が乱れると私の場合潰瘍性大腸炎の症状が出るようなので、

多少の疲労で腸内環境が乱れないためにサプリメントも取り入れています。

再燃するとつらいですよね。

寛解中は再燃していた時のことを忘れがちですが、トイレで血便を見たときのがっかりをあなたも体験したことがあると思います。

そんな体験しないためにもサプリと併用することをお勧めします。

サプリメントにも個人個人の体にある合わないがあるので、自分に合うサプリメントを探してみてくださいね!



発酵食品
潰瘍性大腸炎:ヨーグルトと乳酸菌革命などおなかによさそうな食品の効果徹底比較寛解状態でも再燃状態でも腸にいいものを採り、病状をよくしたいというのはあなたも同じだと思います。 私が潰瘍性大腸炎にかかってから、...

まとめ

私は以前アサコールを使っていたころに

「焼け石に水状態で聞いてるか聞いてないかわからない薬なんてやめてやる!」

と言って勝手に薬をやめた挙句、病院に行くことすらやめてしまいました。

それがなぜ、再び潰瘍性大腸炎で病院に通うことになったかというと子供を産んでハードな日々が始まり再燃しました。

緊急入院するレベルまで重症化してしまい14日間入院。

まだ7ヶ月の娘を実家の両親にお願いし、夫には家を任せることになりました。

その14日間とても苦しかったのです。

7ヶ月の娘が病棟に入れないこと、夫とも会えないこと、両親に迷惑をかけてしまっていること。

たくさんのことが重荷となってのしかかりました。

そのとき思ったことが「通院してお薬をちゃんと飲んで治療していればよかった」ということです。

私のような人を増やしたくない、記事を読んでくれたあなたはお薬が効いてるかわからないからと飲むのをやめないでください。

病院を変えたり、先生を変えて治療してみてください。

いいほうに代わっていくはずです。

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です