生活の豆知識

ダイエット中冷水は飲むな!体を温めるお白湯を飲め!

osayu

白湯には脂肪燃焼や代謝アップの効果があり、寝起きに飲めば体を温めて目を覚まし睡眠中に失った水分を補給するというメリットがあります。

しかし、毎日お湯を沸騰させるため高熱費が気になるというデメリットがあります。

が、お白湯を飲むということにはたくさんのメリットがあるので、お白湯の正しい作り方ともに紹介していきたいと思います。

お白湯の正しい作り方

1.やかんまたは鉄瓶に水を入れる水道水で十分です

2.1を強火にかけ、沸騰したらふたを開けて中~弱火で15分沸騰させる。

3.50℃まで冷まして少しずついただく

*朝飲む場合は夜作っておいて、保温性のある容器(水筒など)にいれておくと寝起きにすぐ飲めます。

*50度ぐらいが一番代謝をあげる温度だそうです。

*鉄瓶で作るとお白湯と一緒に鉄分も取れるのでダイエットで不足しがちな鉄分が補えて一石二鳥ですよ!

*15分間沸騰させる理由は水道水の消毒に使われている、塩素を飛ばすとともに人体に悪影響のある「トリハロメタン」を取り除くためだそうです。

*浄水機やウォーターサーバーの水だと不純物が取り除かれてるので、もう少し短い時間でお白湯を作れそうです。

*飲む量は一日800ミリリットルまでです。(飲みすぎると逆効果)

*温めなおし不可のため、冷めちゃったら新しく作り直してね!

お白湯のメリット・デメリット

メリット

・寝起きに体を温め、普段よりも早く目を覚ます効果がある
朝起きたらトイレに行って、うがいをして…前日に作っておいたお白湯を15分ぐらいかけてゆっくり飲みましょう。

そうすると、胃腸が暖められて体がお目覚めモードになります、また、水分補給もできるので眠っている間に失った水分を補給になります。

・便秘やむくみの改善になることも
お白湯を飲むことで内臓が暖められるとリンパの流れや内臓の血流がよくなるので、老廃物を輩出しやすくなります。

便秘やむくみの理由によりますが、リンパや内臓の血流がよくなると改善されるそうです。

私の場合は、もともと便秘ではなかったのですが、座り仕事と持病の薬の服薬で悩まされていたむくみは解消されました。

・お白湯は脂肪燃焼・代謝アップに最適!
内臓が暖められるということは、代謝がアップし脂肪燃焼を促進する効果があるということです。

ダイエットを進めるにあたり、これってうれしい効果ですよね!

どれぐらい代謝がアップし脂肪燃焼が促進されるかは個人差がありますが、内臓温度が1度上がるにつれ10パーセントから12パーセントは基礎代謝がアップするとのこと
です。

試してみて損はないと思います。

デメリット

・毎日作ると沸騰させるのに時間がかかり、光熱費が気になる
毎日15分も沸騰させると光熱費が気になりますよね。

そんな時は浄水器やウォーターサーバーの水を使うと、トリハロメタンなど不純物が取り除かれるので、短時間でお白湯が作れます。

また、水分補給したいときに浄水器やウォーターサーバーがあると好きな時においしい水が補給できて便利ですよ!

 

うちで使っているクリンスイの浄水器の場合カートリッジ1個1460円で900Ⅼさらにトリハロメタンも80パーセントろ過できるので、1リットル当たり1.6円水道代を入れ
てもミネラルウォーターを購入するよりもコスパがいいです。

なので、あまり光熱費は気にしていませんし、時短にもなるのでお白湯をずっと続けようと思ったら、浄水器やウォーターサーバーの購入をお勧めします。

お白湯を一か月程度継続してみて、もっと続けようかな?と思ったらでいいと思います。

・保温性のあるポットやタンブラーが必要
ポットやタンブラーって結構邪魔になるんですよね。

なので、購入するのを私も渋っていたのですが、お白湯を会社に持って行ったり家で作るようになってから結構お安めの水筒を買ったんです。

そしたら、すぐ冷めちゃったり洗いづらかったりしたのですが、結構毎日持ち歩いているので収納には邪魔になりませんでした。

しかし、やっぱり洗いづらいのが気になり使いやすいのを探した結果。

サーモスの水筒が各部品が外れて、清潔に保てます。

また、店頭で5~6社の水筒の重さと保温性の比較をした結果、サーモスの水筒が一番軽くて保温性が高いです。

もしも保温性のタンブラーやポットを買うならサーモス製がおすすめです。

おすすめの摂取タイミングと量

・朝寝起きのタイミングの空っぽの体や就寝前に150mlぐらいを10分から15分かけてゆっくり飲む

・ポットに入れておいてのどが乾いたら、ちびちびとゆっくり飲む。

まとめ

適度な量のお白湯を接種することでダイエット効果が上がります。

お白湯を含め水分を摂りすぎると、かえって胃腸の調子を崩してしまうと漢方医の方も言っていました。

1日800mlまででお白湯のとりすぎには十分注意しましょう。

2Lも水分をとるなんて女優さんもいるみたいですが、私が調べたとこによると腸などの内蔵がむくんだり、

内蔵がむくむことによって代謝が落ちたり、水分の摂りすぎで水中毒になったりと健康になるつもりがかえって不健康に成るケースがあるそうなので

気を付けなければ、と思いました。

また、持病の性質上鉄分が不足しがちなので、鉄瓶も欲しいなぁと思っています。

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です