生活の豆知識

19歳で派遣会社が倒産して給料未払いになったときに私がした手続き

倒産

今あなたが給料未払いで会社を辞めようか続けようかと悩んでいるとしたら、労働基準監督署へ相談の上、辞めてしまいましょう。

19歳の頃、私は派遣社員として働いていましたが、派遣会社が倒産して給料2か月分未払い、1ヶ月分は4分の3しか払われませんでした。

当時、とても苦しくてむなしくて、どうしよもなかったのでもしあなたが私のような思いをしているとしたら、

バイトでもなんでもいい、とりあえず食いつないで今務めている会社とは縁を切ってしまいましょう。

そして新たな仕事を探した方が精神的にも金銭的にも楽になりますよ。

転職の手続きと一緒に進めてほしいのが、労働基準監督署への相談。

もしも給料の未払いがあった場合は手続きをすれば、6.7割お金が支払われるとおもいます。

どうか諦めないで、手続きしてみてください!

19歳で派遣会社倒産

それは突然のことだった。

予兆も何もない。

毎月ちゃんと支払われていた給料が、半分しか支払われていなかった。

私や同じ派遣会社の先輩は派遣会社に電話をしたがつながらず、担当者にかわるがわる数十回電話してようやくつながった。

先輩「給料が半分しか支払われてないんですが!!!」

担当者「いや、私の方も会社と連絡が取れなくて…そう、みたいですね」

先輩「そうみたいじゃなくて、あなた○○派遣会社の担当でしょう!正社員でしょ!どういうことなの!」

担当者「そういわれても…とりあえず社長に連絡とってみます一度電話切らせてください」

先輩「わかりました、逃げないでくださいね!」

担当者「はい」

担当者に電話はつながったものの、真相はわからず…不安になる一同。

そして、派遣先の工場長に

「給料が半分しか支払われていなくて、このままでは私たちはここで働けません」

という話をしたが…

「君たちがいなくなっては困るので、私の方から○○派遣会社へ連絡しましょう」

と言って、工場長が連絡を取ってくれた。

そこで派遣会社の方は

「給料は残り半分を1週間後にお支払いしますので、契約は続けてください」

と話をしていたそう。

そして、1週間後口座を確認。

4分の1ヶ月分の給料が口座へ…つまり半分の半分。

そして担当者に確認

「残りは次の給料日にまとめて払うから」と…。

先輩は派遣会社の所在地へ突撃!

先輩からの情報によると会社はもぬけの殻…担当者に社長の連絡先を聞き、社長へ連絡。

何度も何度もかけ続けやっと応答。

「会社は倒産した…」と聞いたらしいです。

そこで先輩は給料がどうなるのか、今後の従業員への対応はなど聞いたらしいですが色々とうやむやだったらしいです。

私はここで労働基準監督署へ相談

私の方は、労働基準監督署から派遣会社へ給料支払いの督促をしてもらいました。

労働基準監督署と派遣会社と自分とでやり取りする間に、あっという間に1か月がたってしまい、結局給料2か月分未払い状態。

先輩も私もなかなか次の仕事が見つからず…。

だらだらと派遣先で働き続けていましたが、ドタバタする私たちを見かねて派遣先の会長が

「直に雇うことはできないけれど…もう一つの派遣会社に話を付けたからそこからまた派遣社員として働いてほしい」

と言われました。

けれど私はもう「派遣会社はこりごり」だったのと、この数カ月のドタバタでかなり精神的に参っていて退職することにしました。

労働基準監督署からの手紙

退職後、数日たって労働基準監督署から手紙が届きました。

未払いだった2か月分の給料の確か6~7割が手続きによって支払われるそうで、私は速攻で手続きをしました。

そして数週間後入金。

相談しておいてよかった。

あれから十数年経ちましたが、今では給料未払いになった時点でスパッとやめて転職するなり、バイトするなりすればよかったなぁということです。

工場の人はとてもいい人たちばかりで、その縁を切りたくなかったということもあります。

しかし、自分の人生は自分のものなので時には自分が切りたくないなと思った縁も切らなくてはならない、そういう選択をしなければならない場面があります。

それがまさにこの時だったのです。

十数年前の話ですが、もしも給料未払いになっているあなたに伝えたい!

悪いことは言わない、

たとえ会社の人が良くしてくれていても給料が払われない時点で労働基準監督署へ相談して、会社を辞められたら辞めてください。

さっさとほかの会社に転職しましょう。

私は精神的にも金銭的にも給料未払いから仕事が見つかるまで約1年、とてもきつくて苦しくて頭がおかしくなりそうでした。

あなたに同じ気持ちは味わってほしくない!

会社の人はいい人でも、会社はよくないの!あなたに必要なのは人じゃなくてお金でしょ。

労働基準監督署に相談しつつ、手続きもしっかりしておいてくださいね!

当時を振り返って

高校を出て半年ぐらい100円ショップでバイトをして、親からバイトじゃなくてちゃんと働けと言われ勤めた先がこの派遣会社でした。

当時は無知で、社会のことなんて何も知らない子供で。

でも、派遣会社でも雇ってもらえたってことは社会人だ!

ととても希望をもって仕事をしていましたし、工場のおじさんや先輩もとても仲良くしてくれて楽しかったです。

何より、見たこともないオーディオ機器が工場に運ばれてきて、それが有名なスタジオだったりしたのでうれしくて…。

もしも派遣会社の倒産がなかったらもっと長く勤めていられたのかな。

初めての会社で倒産。

貴重な体験をしたのかもしれないけど、

社会に出て右も左もわからなかった子供だった自分にとっては大変な荒波に小舟を繰り出したみたいな気分でした。

さらに私を苦しめたのは、友達は大学や短大に通ってぬくぬく親のお金で暮らしてるのになんで!私だけ!っていう感情を当時は持ってましたねぇ。

今?今はそんなことありません。

社会に出て荒波にもまれまくった結果、ホトケの心でお客さんに対応できますよ、ほっほっほ。

長くなりましたが、金の切れ目は縁の切れ目、給料未払いの会社はさっさと見限って次へ進んでくださいね!

あなたのお仕事ライフがよきものになりますように!

グッドラック!

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です