イラストについて

イラストを売る準備3:イラストをSNSやブログで紹介してみよう!

SNS

自作イラストを売りたい!こんにちは梅吉(@umekkoumekichi)です!

あなたはイラストを売りたいと思っていますよね?

あなたがもし強くイラストを売りたいと思っているなら、ココナラやタノムノなどに登録するよりも、

先にSNSにイラストをアップして自分のイラストをプロモーションすることから始める事をおすすめします。

インスタ・ツイッター・フェイスブック・LINEタイムラインなどなど、

SNSで自分のイラストと人柄をたくさんの人に知ってもらいましょう。

自分のイラストや人柄を知ってもらうことは「信頼」をえることにもなるので、

今後の「仕事」の為に力を入れておきましょう。

SNSでイラストをプロモーションする際の注意点

・必ず「サンプル」や「@ユーザー名」や「ペンネーム」などをイラストの中に埋め込む。

・週に1度ぐらいは作品をアップする、できれば落書きなどもアップ(頻度は一日2度ぐらいまで)

・「自分の名前@お絵かきンぐ」や「自分の名前@お絵かき修行中」など
ユーザー名のあとにお絵かきしてるよってわかりやすいネーミングを添える

・一応ココナラやタノムノも登録しておく

・SNSから受注を受けても直受注しないで、ココナラやタノムノの受注画面から注文してもらう
(注意*著作権は放棄しないこと)

以上です。

この先イラストの受注を始めたら追記していくと思います。

では、一つ一つの項目について詳しく説明したいと思います。

必ず「サンプル」や「@ユーザー名」や「ペンネーム」などをイラストの中に埋め込む

簡単に言えば「コピーして勝手に使われることを防ぐための目印を入れる作業」なんです。

SNSやpixivなどでよく見かけるのですが、自分の描いたイラストを勝手にアイコンに使われたり、

他人が自分の描いたものだとかたって本当の作者の署名部分を消したり切り取ったりしてアップしてるパターンです。

なので、サンプル画像を上げるときはなるべく、あなたの署名を透過で画像に入れたり、

うまくイラストに違和感を与えないように入れ込むことが大事だと思います。

なかなか難しいんですが、

見られるけどぎりぎり自分の描いたものと偽れないくらいの荒い画質でアップするのも手かもしれませんね。

私の場合は描いたパソコン画面や紙をスマホのカメラで撮ってアップしています。

今までの経験上、写真を自分のイラストと偽るのってだいぶ大変なんです。

なので私は、写真で署名入りのイラストをアップしています。

週に1度ぐらいは作品をアップする、できれば落書きなどもアップ(頻度は一日2度ぐらいまで)

作品をSNSにアップする目的は「お客さんが欲しがっている絵柄を知る」ということです。

簡単なもの、練習で描いたもの、何でもいいので毎日何かしらアップしてみて反応のいい絵柄やパターンをつかんでください。

そして、反応の良かったものを「売り物」として自分の中でブラッシュアップしていきましょう。

「自分の名前@お絵かきンぐ」や「自分の名前@お絵かき修行中」などユーザー名のあとに
お絵かきしてるよってわかりやすい言葉を添える

お絵かきしてるよっていうわかりやすい言葉を添える目的は「自分が何をしている人かわかってもらう」ということです。

何をしてるかわかってもらうということで、CM効果を持たせたり人柄がわかったりするので親しみやすくなりますね。

因みに今の私のユーザー名は「梅吉@お絵かき&ブログ中」です。

ほら、なんとなく何をやっている人かわかりませんか?

こんな風に自分のユーザー名にわかりやすい言葉を添えてみてくださいね!

一応ココナラやタノムノも登録しておく

一応絵を売る場所の登録をしておく目的は「SNSでの急な受注に対応するため」です。

もし、SNSで急に「どうしてもイラストを頼みたい!」という人がいたら、

ココナラやタノムノを使って受注してください。

後ほど詳しく書きますが、受注を受ける際には著作権は放棄しないでくださいね。

とにかく、急な受注は仲介業者を通して受けられれば受けてください。

もしかしたら今後の仕事につながるかもしれません。

SNSから受注を受けても直受注しないで、
ココナラやタノムノの受注画面から注文してもらう(注意*著作権は放棄しないこと)

ココナラやタノムノを使用する目的は「直請けによるトラブルを防ぐため」です。

結構SNS上では見かけるのですが、

ダイレクトメールやラインなどで直請けしてサンプル画像や下書きを送った段階で逃げられるということがあるそうです。

世の中には悪い人がいるんですよね。

お金を払って絵を買うよと近づいてきて、結局お金を払わずそのままブロックしてトンズラするやつがいるらしいんですよ。

なので、ココナラやタノムノなどの仲介業者を入れることでそのようなトラブルを減らして、

スムーズに取引をするのが安心だと、私は思います。

イラストをSNSやブログで紹介する注意事項の準備が終わったら

さっそくツイッターやフェイスブック、インスタなどにイラストをアップしてみましょう。

イラストならブロガーさんやアフィリエイターさんのアカウントをフォローするといいかもしれません。

なぜなら、ブロガー・アフィリエイターさん達は図解やヘッダー、アイコンなどでよく使うので、

コネを作るという意味でフォローしてみてもいいかもしれません。

同じイラストを描く人をフォローしても勉強になりますよ!

まとめ

SNSだとかわいいイラストや素敵なイラストは結構拡散してもらえるので、

SNSでのプロモーションは(自分のイラストを知ってもらう)という意味でお勧めします。

また、pixsiv等でイラストをアップしてもいいと思います。

とにかく自分のイラストを知ってもらうことをイラストを売る前にはまず第一に考えてみましょう。

グイグイ、自分のイラストを売り込んで、どんどんプロモーションして…そしたら、ついに受注開始!

っと、その前に、著作権についてだけは最低限勉強しましょうね!

(梅吉もただいま勉強中)

それではあなたのイラストライフが楽しくなりますように!

グッドラック!👍

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です