私の思考

梅吉の怖い話:第1夜―UFOの話・子供の気配―

UFO

東京で黒いUFOを見た話

あなたは空を眺めますか?

空を眺めていて夜空よりも真っ暗な物体を見たことは?

私はあるんです。

そう、これは私が東京の空で夜空よりも真っ黒な飛行物体を見たお話です。

私は毎年東京の羽村市の玉川上水へお花見に行きます。

その日も駐車場に車を置いてお気に入りの一眼レフをもって、

夫と二人でてくてくと写真を撮ったり、商店街主催の露店で食べ歩きをしていました。

羽村大橋の下から玉川兄弟の像がある手前のあたりのちょうど露店が切れたあたりで、

足元に河川敷、目の前には山、そして星空。

という桜はないけれどとても美しい景色が広がります。

私はそこで少しレンズを開放して写真を撮ろうとしてたんです。

三脚にカメラを設置してレリーズのボタンを押そうとしたとき、

急に三脚のカメラを支えていた部分がぼきっと折れてカメラごと地面に落ちました。

私は

(うわっ!カメラごと落ちた、最悪だー)

とカメラを拾いながら空を眺めました。

すると…

街の明かりで少し明るい空に漆黒のイカの三角の所みたいな形の空間があって、

そこだけぽっかり星も雲もなくてただ真っ黒なんです。

「なんだあれーーーー!!!」

って叫びました。

夫は少し遠くにいて「は?」と言っていました。

夫がそばに来るまでの間、

ほんの5~6秒の間に「それ」はすごい速さで東の空へ消えていきました。

上空を飛んでいた飛行機よりも早かったです。

カメラで写真を撮る暇もなかった。

後に、妹にその話をしたところ。

有名な怪談家さんが

「本物のUFOは夜空の中に夜空よりも黒い漆黒で現れる」

と言ってたよって教えてくれました。

今まで、私は何度も急に移動する光やゆっくりからさっと消える光など、

いわゆる「UFOっぽいもの」をよく見ていましたが、

まさか漆黒のUFOを見るとは思いませんでした。

夫に言っても信じてもらえませんでした。

そばにいて夜空を眺めていた人が当時会場に何人かいたので、

話を聞いても「何も見えなかった」と言われました。

わたしだけの幻覚か?

謎は残るばかりです。

ただし、いつも使っていた丈夫な三脚が急に壊れたという事実だけが残って悲しくなりました。

カメラが無事だったのがせめてもの救いです。

UFOの話が好きなら新耳袋第4夜おすすめです。

私の大好きな怖くて不思議なUFO話の「山の牧場」などの話が載っています。

一日で一冊読むと読んだ人に怪異が訪れると話題の本です。

子供の気配

今の家に住み始めたばかりの頃、家でのんびりしていると急に廊下で

「ばたたたたたっ」

と子供の足音が聞こえることが多々ありました。

他には、リビングと廊下をつなぐドアを閉めて出たにもかかわらず家に帰るとうっすら開いていたり。

夏は家に到着する頃エアコンが付くように設定していたので、ちょっとイラっとしました。

そこで私はお化けはあまり怖くないので、毎日家に帰ったら挨拶することにしました。

「ただいまー!!!って、またドア空いてるよ!エアコンつけてるから締めといてよっ!」

というと不思議と次の日はドアが閉まってました。

「ありがとうね!ここにお菓子置いておくから食べてね」

なんて言って台所にお菓子を置いておきましたが、さすがにそれは食べた形跡がありませんでした。

さらに、怖い番組を見ていると…。

「ばたたたたたっ!」(みられている気配)

「あーも―怖いからやめてっ!お笑いみるから!ね、やめてね!」

って言いながらお笑いを見始めると足音もやみました。

夫が仕事で夜私ひとりで家にいることが多かったのですが、私ひとりの時は(その子)によく声かけてました。

夫がいるときも(その子)の足音や気配があり、夫も(その子)の存在は認識しているようでした。

音がすると、夫は様子を見に行っていましたが、

私は「ハーイもう寝るから静かにして!お休み!」なんて言って寝てました。

たとえお化けでも、子供だし子供のうちにお化けになったってことは子供のうちに死んだってことなので(その子)にも子供に接するように接していました。

そのころとても子供が欲しかったので(その子)にもうちの子にならないかオファーしたりもしましたよ。

「まぁ、君の気が向いたらでいいんだけど、私とっても今子供が欲しいのね。だからうちの子にならない?ぜーー―ったい後悔させないよ!毎日抱きしめるし、毎日しつこいぐらいチューするよ!」って感じでしょうか。

ま、現在子梅ちゃんが毎日わたしにされてるんですが。

子供の気配を感じなくなった

子梅ちゃんがおなかに入ったころ、ぱたりと(その子)の気配が無くなりました。

でも子梅ちゃんがおなかに入ったころ見た夢がうちで飼ってたパグ犬の花さんと母方のおばあちゃんと小さな女の子が出てきたのです。

小さな女の子はくりくりおめめの黒髪のくせっけちゃんでした。

今考えるとまさに子梅ちゃんが夢に出てきたんですよ!

私の(その子)がオファーに応じてくれたのか?

子梅ちゃんがおなかに入ったからそっと身を引いてくれたのか、今となってはわかりません。

けれど(その子)がうちにいた5年ちょっとはびっくりしてたけど、不思議と怖くなかったです。

(その子)ちゃんと成仏して誰かの子供として愛されただろうか?

だったらいいな。

怖い話2
梅吉の怖い話:第2夜―魔よけの絵・見えないものー魔よけの絵 ある日妹が 「部屋に宇宙人が来た」とか「昨日はおばあちゃんが誰かと交渉して怖い物から守ってくれた」 と言っ...

もっと怖い話や怖いけどほっこりした話が読みたい人には新耳袋がおすすめですよ!

作者の木原先生と中山先生が実際に体験した人から集めた実話集です。

本のほかに「新耳袋殴り込み!」も面白いですよ。

本の新耳袋で出てきた実際の心霊スポットに殴り込みGメンが言って検証するいい大人がガチで肝試ししてる感じの作品です。

怖いを通り越して笑える!

初期のギンティさんが大好きだ。

夏の間にレビュー書いていきますね。

created by Rinker
¥2,052
(2018/12/10 04:53:50時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です