潰瘍性大腸炎の話

23歳、難病・潰瘍性大腸炎になりました~潰瘍性大腸炎の症状と予兆~

UC1

現在35歳の私は23歳の頃潰瘍性大腸炎になりもう、12年の付き合いになります。

当時は自分が難病になったことがすごくショックでした。

だって一生治らないんですよ?

寛解しても再燃の恐怖におびえながら暮らすなんて…。

私のように不安に押しつぶされそうになってあなたが、

私が潰瘍性大腸炎の話を書くことで「同じなんだ」と少し楽になればいいなと思います。

今はお薬も減って、寛解状態になっています。

潰瘍性大腸炎寛解状態
潰瘍性大腸炎が寛解状態になったきっかけについて潰瘍性大腸炎になると血便や下血が続いて体がだるくなって、心も体もどよーんと沈んでいきますねぇ。 あなたもたぶんそうだと思うんですが...

寛解状態になった心当たりはやっぱり乳酸菌のサプリ飲み始めたのと睡眠をちゃんととるようにしたことかなぁ。

nyuusannkinnkakumei
乳酸菌革命で潰瘍性大腸炎で再燃中の私のお腹に起こった革命私は潰瘍性大腸炎という難病を患っています。 私と同じ病気を患っているあなたにぜひ試していただきたいのが「乳酸菌革命」というサプリで...

乳酸菌のサプリは体に合う合わないがるのと症状が出ている間はやめておいた方がいいかもしれません。

人によってはかえって刺激になる場合があるので、担当医に相談してみてくださいね。

今回は、潰瘍性大腸炎の症状と予兆のお話をします。

潰瘍性大腸炎の自己症状と診察の目安(軽症~重症)

潰瘍性大腸炎じゃなくても下記のような症状があったら病院に行ってねっていう症状です。

軽症

・大腸の一部にびらんが見られる

・粘血便が出るが便に少しついている程度

重症

・熱がある

・血便や粘血便、っていうかむしろもう血が出てる

・おなかが痛くて起き上がれない

・吐き気がある

・食欲がない

っていうか、

大便にが付いた時点で病院行け仕事も家事も育児も休んで病院行け!

って夫に言われました。

担当医も

「便に血が見えたらすぐ来てねーボクが居なくても他の先生が見てくれるよー」

って言ってました。

私は、重症一歩手前から重症の状態で育休中子供の世話をし続け、2週間入院しました。

便に血が見えた段階で病院に行ってたら入院しなくてすんだと思います。

なので、もう便にが見えたらすぐ病院行こうね!

重症になってからじゃ遅いよ!

入院したのが2016年10月で8か月の娘を実家に置いて入院したので、かなりしんどかったです。

病気の予兆~潰瘍性大腸炎で通院に至る経緯~

2006年 潰瘍性大腸炎発覚・通院・検査

2009年~2016年 寛解

2016年4月~10月 再燃・重症化・入院

2016年11月 寛解

2017年8月~2018年5月 再燃

2018年6月~ 寛解中

2018年7月~8月 再燃

2018年8月中旬~10月中旬現在 寛解中

という経緯です。

2017年8月~2018年5月の再燃中はどう頑張ってもよくならず、そうだ!

と思い立って飲み始めた乳酸菌サプリが良かったのか、

よく寝るようにしたのが良かったのかわかりませんが、

寛解中です。

ぜひ、なかなか症状が良くならない方は休息を良く取ることと食事を体に優しいものにすることを試してみてくださいね。

23歳の9月初め頃、お腹の具合が悪くて頻繁にトイレに行くようになりました

けれど出るのは少し緩めの細いうんち

出るけど残ってる感じがする不快な感覚

一度も便秘を経験したことがなかった私は「便秘かな?」なんて思ってしばらく様子を見ていました。

そして9月末ごろ。

ついに、血便と遭遇します。

今でこそ病名がわかっているので、

血便が出ても冷静に対処できますが(それもどうかな・笑)当時23歳の自分は

(え?何?これ…切れぢってやつ?いやいや、お尻痛くないし!えぇぇぇーーーー!!!!)

激しく動揺してぐぐりました。

ちなみに当時は今の会社ではなく前の会社でバリバリお局様たちにいじめ抜かれていました。

血便が続いて2週間、ググっても

『大腸がんの場合細い便が出て血が付くことがあります、早めに病院に~』

と書かれた記事ばかりが目立ち、次第に不安にさいなまれます。

「大腸がん」[若い」[がんの進行早い」「死ぬかも」「大腸摘出」「人口肛門」なんて、

不安でぐるぐる頭の中がいっぱいになってました。

そこで、親友に血便が出ていることを打ち明けます。

「あのさ、うんちに血がついてることが頻繁にあるんだけど、そういうことってある?」

これ、本当に聞きましたよ。

今考えると結構追い詰められてます。

そして親友に

「それは普通じゃないよ!病院行きな!早くいきな!」

って言われて、親に相談しました。

親も「そうだね病院にいこう、総合病院に行った方がいいね」

ということで、病院に行くことになりました


私が潰瘍性大腸炎だとわかったとき

初めての外来受診

UC1-1

先生に

「トイレが真っ赤に血で染まることもあります、便の形状は細いか下痢です、毎日出ます、トイレの頻度は一日5~6回です」

と説明すると、さっそく2週間後大腸内視鏡検査を行うことになりました。

2週間後大腸内視鏡検査当日

ニフレックという大腸内視鏡検査前に大腸をきれいにするための下剤を朝から飲んでいました。

しかし半分飲んだところでものすごい吐き気に襲われて寒くてふらふらしてきたので、

病院に電話すると早めに来てとのことで、予定より早めに病院へ。

どうやら吐き気、悪寒、めまいはニフレックの副作用だそうで、

ニフレックを飲むのを取りやめて別の方法で腸をきれいにしました。

よくわからん液体をお尻から入れられてちょっと我慢してて出すだけだったんですけどね、

なんか、看護師さんごめんなさい。

そして、検査待機室へ呼ばれ点滴を刺されるのですが左手の血管うまい人じゃないと針が入らないんですよ、

だけど左手から点滴を取るというので左手を差し出しました。

しかしなかなか入りません。

ベテランさんが来てようやく針が入りました。

痛い…。

点滴の袋は生理食塩水、体液と同じ塩分濃度のお水ですね。

どうやら検査の途中で腸の動きを鈍くするお薬を入れたりするようです。

ついに大腸内視鏡検査へ

お尻に縦に穴が空いたかぼちゃパンツの手術着色のを履かせられます。

kabochapantu

ちょっと形は可愛いです。

赤ちゃんが履いたらかわいいかな。

検査なので、なかなかダンディなおじさまもそのかぼちゃパンツをはいていました。

ちょっとシュールだったのを覚えています。

それをはいて、台の上に横になります。

点滴が邪魔だけど、何とかゴロンと横になりました。

先生が来て何やら準備しています。

その間ドキドキ。

先生「ハーイ、今日はよろしくお願いします」

私「お願いします」

先生「今日は大腸にカメラを入れて、中がどうなってるか見てみますね」

私「はぁい」

先生「それではカメラ入れていきますねー」

カメラの先端にはお尻の穴が痛くないようにジェル状の麻酔が塗ってあります。

そのせいかするりと入りました。

でもカメラがすすむ違和感はあります。

違和感を感じながらモニターを見ていたら先生が

「結構きれいに映るでしょ、ほら、あーびらんができてるね口内炎みたいなぶつぶつね」

と言いながら先に進んで、S状結腸でストップ。

どうしても痛くて前に進まなくなってしまった。

でも、よく考えるとS状結腸ってまだスタートしたばかりじゃん!

どうしてもだめで、隣の部屋にいたベテラン先生と交換してやっと通り抜けた!

どんどんと進むうちに、ベテラン先生が

「あーこれは潰瘍になってるあーこっちもだ、ぶつかるだけで出血しちゃうなぁ」

なんて呟いています。

私は、自分の腸内を見ながら「へぇーほーこれは死ぬんかな?」なんてしょうもないこと考えていました。

大腸内視鏡は帰りにじっくり観察しながら病状を見ていきます。

大腸に空気を入れて写真を撮ったり、腸壁から少しサンプルをとったり、見てると結構面白かったです。

そして、この検査の時にわかったことが「大腸がんらしきものはなかった」ということで、少しだけ安心しました。

1週間後大腸内視鏡検査の結果

一応母が付き添ってくれるとのことだったので、一緒に診察室へ入りました。

先生に合うと開口一番「潰瘍性大腸炎ですね」と言われました。

私が「潰瘍性大腸炎?」とわけわからないでいると冊子を渡され読んでおくように言われました。

冊子を読むと、潰瘍性大腸炎の概要が書いてありました。

潰瘍性大腸炎とは?仕事や出産はできるのかな?へ続く

まとめ

12年という歳月を潰瘍性大腸炎という難病と過ごしています。

初めのうちは病気だから「戦わねば!」と思っていましたが、今は「共に生きよう」となってますね。

一生付きまとう病気なので、戦ってはいけないんです。

トイレで血便を見たら「あぁお前、久しぶりだね病院行こうね」っていうぐらいの付き合いでいいと思います。

死ぬことはまれな病気ですが、一生治らないので生殺し状態だと思います。

特に症状が出ている状態の時は絶望感が半端ないので、めげそうになります。

けど、必ず寛解します

ストレスをためない、体を休める、無理をしない、体に優しい物を摂る

それだけでも病気の状態が変化する場合があるので試してみてくださいね。

もし、何か気になることがあれば私もお話だけはお聞きすることができますので、ご連絡くださいね。

nyuusannkinnkakumei
乳酸菌革命で潰瘍性大腸炎で再燃中の私のお腹に起こった革命私は潰瘍性大腸炎という難病を患っています。 私と同じ病気を患っているあなたにぜひ試していただきたいのが「乳酸菌革命」というサプリで...
潰瘍性大腸炎寛解状態
潰瘍性大腸炎が寛解状態になったきっかけについて潰瘍性大腸炎になると血便や下血が続いて体がだるくなって、心も体もどよーんと沈んでいきますねぇ。 あなたもたぶんそうだと思うんですが...
潰瘍性大腸炎禁忌食品
潰瘍性大腸炎でもコーヒー飲みたい!カレーも食べたいんじゃい!潰瘍性大腸炎歴10年、梅吉です。 あなたは潰瘍性大腸炎の症状が出ているのにもかかわらず 無性にコーヒーを飲みたくなったり、カ...
ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です