私の思考

ママが自分の時間を確保した場合の家族のメリット

育児休業が終わり自分の時間を削った結果

2017年4月子供が保育園に入学したのを機に、仕事に復帰しました。

会社と保育園と家を往復する毎日、家事・育児・仕事に追われる毎日

自分の時間をとる余裕など、ありませんでした

そんな日々が4カ月続いた8月頃、私の中でたまりにたまったストレスが爆発して、

珍しく夫とけんかになってしまいました。

大好きだった読書も、写真撮影も、イラストを描くことも、小説を書くことも、

育児が始まってからほとんど、いや、まったくと言っていいほど

時間がとれていませんでした。

私自身、初めての子供なので一日中見てても飽きないくらい、

それこそ本当に目に入れても痛くないぐらい可愛いです。

けれど、自分の時間を犠牲にするのは間違っていたようです。

自分の時間を確保できないということが日を重ねるごとにどんどんと自分の中に

ストレスとして蓄積されて【これじゃ奴隷じゃない】【これじゃベビーシッターか…】

【家政婦か…】【ロボットなんじゃ…】みたいにどんどんと、

マイナスの思考に陥って、夫とけんかした去年の8月頃にはついに

【私が今いなくなったらどうなるかな?】

【もう、やりたいこともできないし、疲れたし、死にたいな】

なんて考えるぐらいに追い詰められてしまいました。

けれど、夫と子供の顔が浮かんで何とか耐えていました

さらに、持病も再発してしまい心も体ももう限界でした。

「心と体の限界」を何とかしなくては、自分はどんどんダメになる!と思い、

2017年10月頃からとぎれとぎれでいいので、自分の時間を持つよう意識してみました。

どんなふうに自分の時間を確保したか

自分の時間をとるポイント

・昼休みを自分の時間に
・寝る前のスキマ時間を使う
・子供が寝てからの時間を活用
・夫と一緒に出掛け、子供を夫に任せる
・地域や有料の保育・家事サービスを受ける
・眠い時は素直に寝る無理して家事をしない

昼休みを自分の時間に

手始めに昼休みに行っていた、保育園のお手紙チェックや予定の確認、

おむつ用のビニール袋の準備などをやめました。

そして、その時間は自分の時間として読書をしたり、イラストを描いたり、

散歩に出かけたりと自由に休憩する時間にしました。

おかげで、会社に行くのが楽しくなりましたし、仕事の効率も上がりました

昼休みは1時間で食事の時間を差し引くと、自分の為に取れる時間は30分弱です。

その30分弱で読書やイラスト描画や散歩をするのですが、

限られた時間ながら充実した時間となっています。

ストレスによるイライラもだいぶ減りました。

子供や夫に険しい顔をしてしまうこともだいぶ減ったと思います。

寝る前のスキマ時間を使う

本当はスマホを寝る前に見るのはよくないそうなのですが、

ここは自分の気分を優先しました。

寝る前に、キンドルやBookLive!というアプリで読書をしています。


夫と子供が就寝した後でもスマホなら暗闇の中で本が読めるし、

途中になってしまっても昼休みに続きが読めるので、

最近はアプリで読書することが多くなっています。

寝る前なのでこの時間は取れたり取れなかったりなのですが、

眠い時は眠るようにしています。

眠い時は体が疲れているので、自由時間よりも体を休めることを優先しています。

子供が寝てからの時間を活用

我が家は夫が平日休みですが、夫が休みの日以外はほぼワンオペで日々暮らしています。

そのため、子供を寝かしつけるときに一緒に寝てしまうことが多いのですが、

寝た後にまだ私の体力が残っていれば

子供が寝てからの時間が自分の時間となります。

途中で夫が帰ってきたり、家事をしながらなので時間はほんのわずかなのですが、

昼休みにの自由時間よりも長く時間がとれて、だいぶリラックスできます。

また、休日の子供がお昼寝した時間も貴重な自分の時間として使っています。

この時間は今のところブログを書く時間に使っていたりします。

夫と一緒に出掛け、子供を夫に任せる

これもほんの隙間時間になるのですが、

たまにお休みが合うと夫と公園に出かけたりショッピングモールに行って

1時間ぐらい子供を夫にお願いすることがあります

本当に半年に一度ぐらいのたまにの出来事なのですが、

半年に一度でもだいぶ気持ちが楽になります。

また、今年の初め頃には夫と子供と二人でお出かけしたので、

私はのんびりお昼寝とおそうじができて体と心(おそうじ大好き)が

だいぶ癒されたのを覚えています。

両親に子供をお願いする

夫は事情があり両親と疎遠の為夫の両親には頼れないのですが、

私の実家は自宅から30分ぐらいの所にあるので、

休日は子供を連れてよく遊びに行きます。

その時以前は、いろいろと気を使っていました。

今はあまり気にしないで子供を両親に見てもらいます。

ジジババに甘やかされアイスやお菓子をたくさん覚えたけど、

それはその日だけなので家ではちゃんとした食生活にしてるし、

自分を育てた両親だから安心できる、というのもあります。

ジジババの気持ちも孫と触れ合うことで満たされるので一石二鳥です。

まぁ、とにかく、見てもらってるので細かいことは気にしない

という気持ちが大事です。

子供はジジが好きすぎて、二人でお留守番できるようになったので

この前は美容室に行ってきましたよ。

上記のように家族のフォローが期待できない場合は…

地域や有料の家事・保育サービスを受ける

どんな人が来るんだろう、いくらかかるんだろうと不安だと思いますが、

そこは地域の福祉センターに確認を取ってみるといいかと思います。

とにかく、自分が限界だと思ったら倒れる前に頼れるものに頼ることが大事!

私も、2016年10月~11月頃子供が生まれたばかりで

ちょっと自分がハイになっていて体の不調を無視していたら、

持病が悪化して緊急入院になりました(笑)

子供はちょうど8か月。

病院に連れてこられないし、実家の両親が子供の面倒を見て、

夫は自宅で仕事に行き、休日は子供の面倒を見る日々。

夫、子供、家族には大変な思いをさせてしまいました。

持病をして気が付いたのですが、親が元気でいないと子供も不安になるようで。

持病でお腹が痛くて「はぁー痛いよ」って寝転んでいたら、

2歳の娘が「ママ、大丈夫?」と言って頭をいいこいいこして

すごく心配そうにしてくれました。

こんなに小さい子が、ちゃんとわかるんだなぁと感心した反面、

不安にさせちゃってるなぁとちょっと反省もしました。

こんな思いをする前に、地域や有料の家事・保育サービスを使って

体を休めておけばよかったなぁと思い、

地域や有料の家事・保育サービスをおすすめしたいと思います。

眠い時は素直に寝る無理して家事をしない

眠い時は我慢しないで寝るように生活改善も行いました。

素直に体を休めて、朝早起きしてそして家事や保育園の準備を速攻でして、

朝ご飯は適当に。

寝不足は人を殺せます。(他人も自分も)

眠る時間も自分の自由時間と考えています。

眠るだけでイライラも、ストレスも、体の不調もすべて改善されるので、

眠い時は素直に寝てます。

やりたいこといっぱいあっても、ここは最優先。

自分の時間を確保して変わったこと

洗濯がたまってまとめて洗濯したり、家の中が散らかったりしています(笑)

まぁ、まぁ、それは仕方がないので家事はまとめて朝早起きして片付けています

ストレスが溜まってイライラが爆発したりすることも減りました

イライラしていると子供に対してもイライラした口調で接してしまうことがあるので、

よくないなぁと、自分の時間を持つまでは思っていました。

けれど、自分の時間を持つようになってから心に余裕ができて、

少しぐらいのことではイライラしなくなりました。

夫婦間でも、よく話し合いの時間を取る心の余裕が出てきて

けんかもほとんどなくなりました。

大好きな読書の時間もとれるし、小説(今はブログ)を書く時間もとれているし、

今まで全く自分の時間がなかった時より、

少しだけ自分の時間をとれるようになっただけで

こんなにも気分が変わるのかと驚いています。

心に少し余裕ができたから、人生でやってみたい100のリストなんてのも作ってみましたよ。

checklist
人生でやりたい100のリストツイッターでいろんな人が【人生でやりたい100のリスト】について書いていて 「なんだか気になるな」ってずっと思ってました。 ...

まとめ

自分の時間をとるポイント

・昼休みを自分の時間に
・寝る前のスキマ時間を使う
・子供が寝てからの時間を活用
・夫と一緒に出掛け、子供を夫に任せる
・地域や有料の保育・家事サービスを受ける
・眠い時は素直に寝る無理して家事をしない

上記の項目だけでなく、

ライフスタイルにより自分の時間を確保できるタイミングが違うと思います。

自分なりに、どの時間を使って自分の時間を作るか考えて自分の好きなことをする時間

を作って、どんどん好きなことを楽しんでくださいね!

日々の生活の中で思ったのですが、

ママが元気だと子供も元気で明るくいてくれます。

私が元気になってから、不思議と現在2歳の娘のイヤイヤが少なくなって

いつもにこにこ踊りながら歩いています。

自分の時間をもってゆっくり体と心を休めることで、

心に余裕が持てて育児にも余裕が出たのかもしれません。

ぜひ、自分の時間確保してみてください。

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です