ゴキブリ対策

ゴキブリ撃退!対策グッズの効果的な使い方や設置場所

前回ご紹介した効果が絶大だった、ゴキブリ駆除・対策グッズを使っての

効果的な設置場所や使い方をご紹介します。

こちらの記事で紹介されているグッズを効果的に使えばゴキブリのいない家になること間違いなしです!

【効果絶大!】家からゴキブリが居なくなる!ゴキブリ駆除・対策グッズ5選暖かくなると活動を始める憎いゴキブリ。 私は子供の頃からゴキブリがこの世で一番大嫌い。 ゴキブリをこの世から駆逐すべく、 ...

1.ゴキガード(芳香剤タイプ)

効果的な設置場所

・ゴキブリの侵入経路(窓辺・玄関・シンク下・洗面台下などに設置)

・ゴミ箱の裏等害虫が寄ってきそうな場所

効果的な使用方法

・侵入経路に設置する

・なるべく一部屋に1つ置く

・ゴキブリが活発な時期(3月~12月頃)切らさないようにする

注意点

・日当たりのいいところに置かない

・子供やペットの手の届くところに置かない

室内の日の当たらない窓辺・玄関・シンク下などゴキブリの入り口になっていそうな場所に設置し、

なるべく一部屋に1つ置いてください。

柑橘系のさわやかでいい香りなので、一部屋に一個程度なら普通の室内用芳香剤と同じように使えます。

動物やお子様のいる家は倒されないように注意してくださいね。

ベッタベタになって大変です(汗)

ゴキブリ以外の害虫(コバエなど)にも効くようなので、私はキッチンのごみ箱の裏に置いています。

ゴミ箱裏にゴキガードを設置したせいか、去年はキッチンにコバエが少なくて快適でした。

天然成分で殺虫成分が入っていないので、赤ちゃんがいる家にも安心です。

動物は鼻がいいので苦手かもしれませんが、2部屋に1個にしたり窓辺の風通しのいいところに置くなどして工夫すれば置けます。

実際実家では犬を飼っているので犬が活動する1階のキッチンに一つ、

窓辺に1つ、玄関に1つと犬の入らない2階部屋には各部屋1個ずつと少なめの数でも

効いているそうです。

真夏の暑い時期は気が付いたらなくなっていることがあるのでご注意ください。

家では3月頃~12月までのゴキブリが活発に活動する時期に使用しています。

毎年網戸の隙間からゴキブリが侵入したり、どこからか侵入した子供ゴキブリを必ず見ていたのですが、

去年から設置し始めて、去年ははベランダに一匹死んでいただけで家の中でゴキブリの姿を見ることはありませんでした。

ゴキブリ含め虫が大嫌いな私はゴキブリを見ない、ってだけで夏のストレスが激減します。

本当に、ゴキガード、設置してよかったです。

また、ゴキガードならブラックキャップやコンバットのように死体を見なくてすむので、

ゴキブリ大嫌いならめちゃめちゃおすすめです。

ちなみに2020年現在ゴキガードを使い始めて4年が経過しました。
ほとんどゴキブリを見ていません。
一度だけ洗濯ものにくっついて家に入れてしまったけど、それ以外は見ていませんよ!

2.木酢液・竹酢液

効果的な設置場所

・屋外のゴキブリの侵入経路(ベランダ・庭)

・屋外のごみ置き場やプランター周り(野良猫なども忌避できます)

効果的な使用方法

・屋外の侵入経路やゴキブリが集まりそうな場所に設置する

・週一回木酢液が減っていないか確認して切らさないようにする

注意点

・屋外の日陰に置く

・ペットのいる家では使用しない

・室内では使用しない

家では木酢液を使っています。

ホームセンターの園芸コーナーや100均の園芸コーナーでも購入できます。

金額も安価(100円~700円弱)で1ℓ買うと1か月持つので賃貸住宅のうちはベランダの対策用として使っています。

*金額の差は、内容量と品質によります。

木酢液・竹酢液というのは、木や竹で炭を作るときにできる副産物で、香りはスモークチーズのような香りです。

この香りがポイントで、害虫含め小動物はこの香りをかぐと

「近くで火が燃えてて危険だ!逃げなきゃ!」と感じるらしいです。

この動物の本能を利用して(忌避剤)として使用します。

木酢液・竹酢液は小動物用の忌避剤なので、ペットのいる家は絶対に使用しないでください。

外でもダメです。

愛するペットが苦しみます。

絶対やめてください。

また、室内に置くと家の中がスモークチーズを通り越して、バーベキューの焦げた匂いになります。

外に置く際は、日陰に置いて週に1回程度蒸発してないかチェックしてくださいね。

外に置く際の容器ですが家では100均で買ってきた、穴の開いてないガラスの四角い植木鉢?

みたいな容器を使用しています。

風で倒れる心配もないし、容量もたくさん入るのでとても便利です。

効果は結構効いていそうです。

毎年夏になるとベランダでゴキブリと遭遇することが多かったのですが、

去年は1匹死にかけがいただけでした。

秋にベランダ掃除をしたときにいつもなら、ダンゴムシの死骸がたくさんあったのですが、

木酢液・竹酢液を設置した去年は、例年の1/3に減っていました。

mokusakueki
木酢液・竹酢液のゴキブリ忌避など害虫への効果についてあなたはベランダからのゴキブリの侵入に悩んでいませんか? 我が家では木酢液・竹酢液をベランダに設置してからゴキブリをはじめとする害...

3.ゴキブリがいなくなるスプレー(通称:ゴいス)

効果的な使用場所

・ゴキブリの侵入経路

(窓枠屋外側・玄関扉の足元・頭上・取手と反対側のちょうつがいの面すべて屋外側)

効果的な使用方法

・侵入経路に吹き付けて使用する

・効果が切れるので、雨の日や2週間に一度再度吹き付ける

・ゴキブリが活発な時期(3月~12月頃)切らさないようにする

注意点

・子供やペットのいる家は子供やペットが通らない場所に吹き付ける。

・2週間に一度再度吹き付けないと効果が薄くなる。

・雨が当たる場所は雨が上がったら都度吹き付け直す。

ゴキブリので入り口になる場所(玄関、窓、サッシ、通気孔など)を囲むように吹き付けて使います。

ゴキガードと同じような香りを放ち、ゴキブリの侵入を防ぎます。

2週間に一度の吹き付けを忘れると、網戸のスキマとか玄関から侵入します。

うん、一昨年は子供が生まれたばかりでゴいスの事なんて忘れてたら、侵入されたもんね。

めっちゃ怖かったです(極度の虫嫌い)

ただ、2週間に一度の吹き付けを忘れなければ効果はバッチリ!

去年はしっかり吹き付けていたので、ゴキブリの侵入はありませんでした。

更に!

通りかかったゴキブリを殺す待ち伏せ効果もあったりするので、

ベランダと玄関は木酢液プラス、ゴいスで対応してガッチリ侵入を防いでいます。

多分、去年の夏ベランダで力尽きてたのはゴいスのお陰です。

欠点は、広範囲に吹き付けるので、コスパが悪い。

金額1本1000円ぐらいなので、窓の多いおうちは大変かも。

因みにうちはサッシ180×180 ・260×180・180×80・玄関なのですが、

1ヶ月1本弱使います。

雨が多いと1本使いきっちゃいます。

4.害虫忌避シート(棚用・ガスコンロ用・タンス用)

効果的な使用場所

・ゴキブリを寄せ付けたくない場所

(戸棚・食器棚・キッチン周りの棚・シンク下・ガスコンロの下・洗面台下戸棚・タンス等)

効果的な使用方法

・ゴキブリの好きそうな暗くてじめじめした場所やタンスの中に敷いておく

・1年に一度交換する

注意点

・1年に一度交換しないと効果が切れます。

今の家は引っ越し時にシンク下と洗面台の下に結構ゴキブリのフンが落ちていたので

きれいに掃除し、除菌して、毎年5月頃新しいものと交換しています。

ガスコンロの下に敷くシートも、害虫忌避シートを使っています。

そのおかげかシンク下や台所や脱衣所では一度もゴキブリを見たことがありません。

ゴキブリ無しのストレスフリーな生活ができてますよ!

タンスの引き出しに敷けるタイプもあるそうなので、

気になる方はそちらも使ってみてはいかがでしょうか。

使用用途としては、

・棚用 (シンク下・食器棚・洗面台の下の棚・お風呂場の棚等)

・ガスコンロ用

(ガスコンロ…サイズがあるのでサイズを測ってから購入してください)

・タンス用

(洋服箪笥・タンス・クローゼット等)

注意点は、年に一度交換しないと効果が切れます。

害虫忌避シートのいい点は、シンク下・ガスコンロ回り・洗面台下の戸棚って

結構汚れがちなのですが、シートを敷いておくことによって汚れが防げて、

おそうじも楽ちんです(^v^)b

5.アロマオイル(シトロネラ・オレンジ・ティートリー・クローブ・ハッカなど)

効果的な使用場所

・ゴキブリを寄せ付けたくない場所・物

(外出時の虫よけ・室内)

効果的な使用方法

・ルームスプレーとして使用する。

・シトロネラは蚊を寄せ付けない効果があるので、虫よけスプレーとして使用。

注意点

・効果の継続時間が驚くほど短い(長くて1日)

・アロマオイル単体では使いづらいので、スプレーを作って使用する。

・柑橘系はつけた後紫外線を浴びない(光毒性)

アロマオイルは効果の継続時間が驚くほど短いのとやさしーい効果しかないのであまり期待しないで使用してくださいね。
ルームスプレーと虫よけスプレーは、お子さんやペットが居るおたくで安心して使用できます。

私も、子供が0歳から1歳まではシトロネラの虫よけスプレーを使っていました。

アロマオイルは必ずパッチテストしてから使ってくださいね。

アロマオイル別効能

・シトロネラ

香りはレモンに似た柑橘系にふんわりと甘みのある香り。

虫よけ・体臭予防効果。

頭痛や片頭痛など神経痛を緩和する。

・オレンジ

オレンジジュースの香り。

つけてるだけでハッピーになる柑橘系の香り。

下痢や便秘、食欲がないときに。

・・・虫よけ関係なかったんかい!

シトロネラと合わせて使うといい香りなので混ぜてました。

・ティートリー

殺菌力のある薬のような香り。

初期の風邪はコップに1・2滴たらしてうがいすると喉の症状が緩和する。

抗生物質がないころは、消毒薬として使用されていたそうです。

ニキビ・傷・水虫・蜂などの虫刺されに使用。

キッチンの除菌スプレーとして使っても〇

すっきりした気分になりたい時に嗅ぐとすっきりするよ!

・クローブ

お料理にも使われるスパイシーな香りです。

香りをかぐと、無気力な時元気になるよ!

歯痛や頭痛などの痛みを緩和し、ニキビや吹き出物、水虫にも効果あり。

ゴキブリが嫌う香りの一つです。

・ハッカ

ハッカの香りでゴキブリの体がマヒして動けなくなるそうです。
そのため窓際においておけば、家に入る前ににおいで体がマヒして家の中に入ってこれないのではないかなぁと思い2019年の夏に窓際に設置してみました。
結果は、ゴキブリも入らないし不快な害虫(ガなど)も窓のそばには近寄ってきませんでしたよ。

ルームスプレーと虫よけスプレーの作り方

1.計量ビーカーに無水エタノール5mⅼを入れます。
(ビーカーがない場合はコップなどでも〇ただし

プラスチック容器はエタノールとアロマオイルで変質しちゃうから

使ってはいけませんよ!)

2.アロマオイルを全部で10滴加える。

3.精製水を45mⅼ加え混ぜ合わせます。

4.スプレー式の容器に詰め替えて使用します。
(できれば遮光ビンがいいけど、100均のでも十分です)

5.1週間以内に使い切ってください。

我が家では、オレンジのアロマオイルスプレーに重曹を加え、

ガスコンロのお掃除用スプレーを作っています。

これが結構油汚れが落ちるんだ。

とっても便利ですよ!

ティートリーのアロマスプレーは無水エタノールを濃いめにして、

食器を洗い終わった後シンクをきれいにして最後に吹きかけています。

殺菌力が高いので、なかなかおすすめです。

アロマオイルについてはまた、別の機会に便利な使い方をご紹介いたします。

・まとめ

我が家はこの5つの商品でがっちり対策をするようになってから、

家の中でゴキブリを見たことがありません。

今年も、

<div class=”concept-box1″><p>

【ゴキブリ駆除・対策グッズ5選】

1.ゴキガード(芳香剤タイプ)

2.木酢液・竹酢液

3.ゴキブリがいなくなるスプレー(通称:ゴいス)

4.害虫忌避シート(棚用・ガスコンロ用・洋服用)

5.アロマオイル(シトロネラ・オレンジ・ティートリー・クローブなど)

</p></div>

 

がっちりゴキブリ対策を固めゴキブリの侵入を防いでストレスフリーな生活を送れますよ!

ABOUT ME
umekichin
ゴキブリが嫌いでゴキブリ駆除を試し続けた結果、駆除にめっちゃ詳しくなった!マイルドオタママ。 ゴキブリ対策のほかにも、梅仕事や漫画のことイラストの話など気の向くまま書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です